ObsidianにDynalistや天気予報、カレンダーを埋め込む方法

  • 今日のやることリストをDynalistで確認する
  • 明日の天気をWebサイトにアクセスして確認する
  • 来週の予定をGoogleカレンダーで確認する

これって無駄が多いと思いませんか?

単純に確認するだけならもっと良い方法があります。それが「iframeによる埋め込み」です。
1ページに情報をまとめてしまえば、アプリを1つ起動するだけで全ての情報にアクセスできます。

今回はiframeを使って、ObsidianのノートにDynalistや天気予報、Googleカレンダーを埋め込み、それらをまとめて呼び出す方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ObsidianにYouTube動画を埋め込む

最初に基本として、別記事でも取り上げたYouTube動画の埋め込みをサラッとおさらいしておきます。

① Webブラウザで対象の動画を開く

② 動画を右クリックして「埋め込みコードをコピー」を選択

③ コードをそのままObsidianのページにペースト

④ width、heightで表示サイズを調整

実際に貼り付けるコードはこんな感じ。srcの値は動画によって変わります。

<iframe
    src="https://www.youtube.com/embed/pW4VVZ-ljbw" 
    width="100%"
    height="480"
    frameborder="0" 
    allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen>
</iframe>

widthやheightはピクセル指定の他、パーセント指定も可能です。100%にするとページに設定された最大の幅で表示されます。

  • 埋め込み用のコードを取得して、それをページに貼り付ける

これがiframeの基本形。

ObsidianにDynalistを埋め込む

では次にアウトライナーのDynalistを埋め込んでみます。こちらはYouTubeとは違い、Dynalist側で事前にページ公開設定が必要です。
またURLが他人に知られると、誰でもそのページを閲覧できてしまいます。機密情報は公開しないよう注意してください。

① Dynalistを開き、埋め込むページをサイドバーで右クリック →「Manage sharing」を選択

② 「Share this document」をクリックすると画面が切り替わるので、「View this document」をON

(オプション) Obsidian上で編集する場合はその下の「Edit this document」もONにする

③ 「Copy link」をクリックして、アドレスをコピー

④ 「Done」で閉じる

⑤ Obsidianのページで<iframe src="" ></iframe>と記述し、“”内にコピーしたURLを貼り付ける

widthとheightは必要なら調整しましょう。全体のコードはこんな感じになります。

<iframe 
    src="コピーしたURL"
    width = "800"
    height="400">
</iframe>

YouTube埋め込みで指定したframeborder属性を使わないシンプルな形。この場合iframeの要素全体を囲む枠線が表示されます。枠線を表示したくないならframeborder="0"を付け加えましょう。

  • アプリ側でページを公開する → ページのURLをiframe内に貼り付け

これがiframeのパターン2つ目です。大体はYouTube系かDynalist系、どちらかの方法で表示できます。

Obsidianに天気予報を埋め込む

天気予報もiframeでは定番です。埋め込みに使える天気予報サイトは複数ありますが、この記事ではmeteoblueというサイトから情報を取得して、それをページ内に埋め込むという手法を取ります。

https://www.meteoblue.com にアクセス

② 「Location search」に天気を取得したい都市名を入力する。県単位でもピンポイントでもOK

③ サイドバーの「Widget」をクリックして、リストから表示形式を選択

ウィジェット名表示形式
Widget Map風と気温をアニメーションで表示
Widget 3h週間予報を上に、3時間毎の予報を下に表示
Widget Day週間予報を表示
Widget Seeing1時間ごとの温度/湿度/雲の量などを表示

④ ページ内の「HTML」欄に表示されたコードを丸ごとコピーして、Obsidianにペースト

YouTubeと同じように、そのままペーストするだけで埋め込み完了。表示サイズなどはペースト後に調整可能です。
なおObsidianではなくNotionで同じことをするなら、こちらの記事が参考になります。

Notion にお天気ウィジェットを配置し、毎日の天気を確認する | 35d
最近 Notion のデイリーログのページにお天気ウィジェットを配置するようになりました。僕は、毎日決まった Notion のページ(デイリーログページ)を開くのですが、そこにお天気ウィジェットを配置しておくことで、その日の天気が嫌でも目に入るようになり、傘を忘れたりすることがなくなくなる見込みです。もちろん、お天気ウ...

ObsidianにGoogleカレンダーを埋め込む

Googleカレンダーも天気予報と同じく、コードをコピペしてサイズ調整するだけなので簡単です。ただこちらもDynalistと同様、対象のページを公開する必要があります。万が一にも他人に知られたくない情報は公開しないでください。

https://calendar.google.com にアクセスしてログイン

② カレンダーが既にある場合は「マイカレンダー」でカレンダーを選択して、メニューから「設定と共有」を開く

(オプション) カレンダーが無い場合、画面右上の歯車アイコンから設定画面を開き、サイドバーの「カレンダーを追加」> 「新しいカレンダーを作成」で新規作成する

③ 「アクセス権限」の一般公開設定をONにする

(オプション) 予定の詳細を隠したい場合はここで「予定の表示 (時間枠のみ 詳細は非表示)」を選択

④「カレンダーの統合」欄に表示されている埋め込みコードをコピー

⑤ Obsidianのページにコードをそのまま貼り付ける

全ての情報を1ページにまとめて表示する

1ページ1ウィジェットの考え方

これまでにご紹介した埋め込み要素を全て1ページにまとめてしまうとこんな感じになりますが、どうしてもページが縦長になってしまい、見栄えがよくありません。

そこで僕がおすすめするのは、1ページ1ウィジェットです。

Obsidianはタブのドラッグ&ドロップで自由にページを配置し直すことができます。埋め込み要素をページ単位で分割することによってこの機能を活用し、あなた好みのレイアウトを作り出してください。

Workspaceにレイアウトを保存して呼び出す

さらにWorkspaceプラグインを使ってレイアウトを保存しておくと、他のページを異なるレイアウトで開いた後でも、このレイアウトを簡単に呼び出すことができます。
Settings > Core plugins > Workspaces がONになっていることを確認しましょう。

プラグインを有効にすると、サイドバーにアイコンが出現。

保存したいページ、レイアウトを表示した状態で、この「Manage Workspaces」を呼び出します。サイドバーの表示/非表示も保存されるので注意してください。

名前を付けて「Save」をクリック。現在のページとレイアウトが保存されます。呼び出しはこの画面で「Load」をクリックしましょう。

タイトルとURLをコピーしました