Typoraのショートカットキーを変更/自作する方法

Typoraには様々なショートカットキーが用意されています。表を作るならCtrl+Tとか。便利ですよね。

他にも、例えばサイドバー表示のON/OFFはCtrl+Shift+L

押しにくいんじゃ!

でも諦めることはありません。押しにくいものは押しやすくする、無いものは作る。それがTypora愛。

スポンサーリンク

設定ファイルを開く

ショートカットキーを作るメニューなどはTyporaにはありません。そのため設定ファイルに直接記述する方法をとります。と言うと難しそうに聞こえるかもしれませんが、簡単なので安心してください。

  1. まずはCtrl+で設定画面を開きます。
  2. 「一般」タブの「高度な設定を開く」をクリック

するとフォルダが開きます。

  1. 「conf.user.json」という名前のファイルがあればそれを開きます。

    無ければテキストファイルをこのフォルダに新規作成し、ファイル名を全く同じにして、後に出てくるコードを丸ごとコピペしてください。コード欄右上の「Copy」を押せばコピーできます。

ファイルを開くと、何やら英語が書かれたテキストファイルが開きます。

/** For advanced users. */
{
  "defaultFontFamily": {
    "standard": null, //String - Defaults to "Times New Roman".
    "serif": null, // String - Defaults to "Times New Roman".
    "sansSerif": null, // String - Defaults to "Arial".
    "monospace": null // String - Defaults to "Courier New".
  },
  "autoHideMenuBar": false, //Boolean - Auto hide the menu bar unless the Alt key is pressed. Default is false.

  // Array - Search Service user can access from context menu after a range of text is selected. Each item is formatted as [caption, url]
  "searchService": [
    ["Search with Google", "https://google.com/search?q=%s"]
  ],

  // Custom key binding, which will override the default ones.
  "keyBinding": {
    // for example: 
    // "Always on Top": "Ctrl+Shift+P"
  },

  "monocolorEmoji": false,//default false. Only work for Windows
  "autoSaveTimer" : 3, // Deprecidated, Typora will do auto save automatically. default 3 minutes
  "maxFetchCountOnFileList": 500,
  "flags": [] // default [], append Chrome launch flags, e.g: [["disable-gpu"], ["host-rules", "MAP * 127.0.0.1"]]
}

設定ファイルを編集する

色々と書いてありますが、全てに目を通す必要はありません。注目するのはここ。

"keyBinding"と書いてあります。つまりここがショートカットキーの設定部分。

最初の波括弧{から最後の波括弧},までが設定部分なので、この内側に設定したい機能とキーを書き込んでいきましょう。

まずは発動させる機能です。機能名はメニューバーをクリックしたときに出てくるものをそのまま記載します。例えばサイドバーの表示/非表示を切り替える機能は、

「サイドバー表示切替」です。これを半角のダブルクオートの間に入力しましょう。

次に「半角のコロン」です。コロンは機能名とショートカットキーを結ぶ「=」のようなものなので、必ず必要になります。

その後に続けて割り当てたいショートカットキーを入力します。ここでも半角のダブルクオートの間に入力です。今回はこの機能を「Alt+1」に割り当てたいと思います。

こんな感じで入力できましたか?

ならOK。このファイルを上書き保存して、Typoraを再起動します。

ショートカットキーの動作確認

では動作確認していきましょう。設定したショートカットキーを押して、サイドバーの表示/非表示が切り替われば問題ありません。

動作しない場合は一度メニューバーを確認してみてください。

正しく設定されているなら、このように新たなショートカットキーが表示されます。逆に表示されていなければどこかが間違っているはずです。

  1. ファイル名は「conf.user.json」で間違いないか
  2. 「"keyBinding": {...},」の波括弧の内側に記述しているか
  3. 機能やショートカットキーは「"」で囲まれているか、またその間に「:」が入っているか
  4. 機能の指定部分の文字が間違っていないか ("サイドバー表示切替":などは× )
  5. ファイルの保存、Typoraの再起動はしているか

こういった部分を確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました