Insertキーの使い道と無効化の方法 – トラブル解決法のまとめ

「お父さん、パソコンのキーボードにあるInsertキーって、何するためのキーなの?」

「そりゃー、ほら、あれだ…インサートするキー?」

はい0点。

しかも「?」付いてるし!そんなんじゃ我が子の信頼失いますよ!

とは言えこのInsertキー、「何するためのものなのか、正直よく分からん」という方、めちゃくちゃ多いです。あなただけじゃありません。

今回は普通の人には馴染みの薄いInsertキーにスポットを当て、

  • Insertキーの働き
  • 入力モードに関するトラブル解決法
  • Insertキーを無効化したり、他のキーとして使う方法

をご紹介します。

スポンサーリンク

Insertキーの働き

一言で言いましょう。Insertキーとは、文字入力の「挿入モード」と「上書きモード」を切り替えるキーです。

この説明で「子供が納得した!」という方は、自分がものすごく幸運だということを自覚しながらページを閉じてください。
ほとんどの方は「だからそれは何やねん?」と思っているはず。実は文字入力にはこの2つのモードがあるんです。

挿入モード

挿入モードはいつも皆さんが使っている普通のモード。例えば既に「キーボード」と書かれているテキストの前に「おしゃれな」という文字を追加したい場合、どうしますか?

改めて説明するまでもなく、カーソルを移動して追加しますよね。これが挿入モードです。

上書きモード

これで「おしゃれなキーボード」という文字が入力されました。ではここから上書きモードに切り替えます。Insertキーを押しましょう。

この状態からテキストを追加し、「おしゃれなピンクのキーボード」という文字を打ち込もうとすると、

新しい文字によって元々の文字が上書きされてしまいました。これが上書きモードです。なおもう一度押すと、このモードは解除されます。

Insertキーとは「Insert(挿入)するキー」ではありません。実際は全く逆。挿入せずに上書きするモードに切り替えるのがInsertキーです。

入力モードに関するトラブル解決法

この入力モード切り替え機能、あまり知られていない上にCapsLockのようなインジケータも無いので、今どちらのモードなのか分かりづらく、トラブルの元になる厄介な機能です。

  • なぜか分からないけど、カーソルを移動したときや文字入力時の挙動がおかしい
  • 文字を書くと前の文字が消えてしまう

こんな場合は、このInsertキーを疑ってみましょう。1回押すだけで解決することも多いはず。

上書きモードを試したいけど上手くいかない方、また知らない間に上書きモードになってしまい、挿入モードに戻せなくなって困るという方は以下を試してみてください。

上書きモードにできない

アプリケーションが入力モードの切り替えに対応していない可能性が高いです。

メジャーなアプリケーションでも非対応ということは割と多く、Windowsで言えばメモ帳やWebブラウザ、メモアプリのSimplenoteなどでは上書きモードに切り替えることができませんでした。OfficeソフトのWordなどで試してみてください。

挿入モードに戻せない

再起動するのが手っ取り早いですが、Insertキーを押してもダメ、もしくはInsertキーがキーボードに無いような場合、スクリーンキーボードを使ってInsertキーを押してみるのも一つの手です。

スクリーンキーボードの使い方

物理的なキーボードではなく、ソフトウェアによってキー入力を発生させるのがスクリーンキーボードです。

Windowsのスタートメニューを右クリックして、「検索」をクリックします。

検索ボックスに「スクリーンキーボード」と入力すると、アプリが表示されます。

この状態でEnterを押すと、スクリーンキーボードが起動します。

画面に表示されたボタンをクリックすると、それをキーボードの入力としてOS側に認識させることができます。

Insertキーを無効化する方法

ここまでの説明で、

  • 上書きモードなんて使わない
  • むしろ邪魔でしかない

そう思われる方は、いっそこのキー自体を無効化するか、別キーを割り当てることをおすすめします。

ここでご紹介するのは以前も取り上げた「KeySwap」というソフトウェアなので、ご存じの方はCapsLockキーのときと同様の手順でOK。

CapsLockキーを無効化したり、別キーを割り当てる方法
CapsLockキーが邪魔だと感じる方へ。無効化やキーアサインの変更は非常に簡単にできます。

「レジストリを編集するのは怖いし面倒」という方でも、ボタンを押すだけの簡単操作で同じことができるので、このサイトではレジストリ編集ではなくこちらをおすすめしてます。

KeySwapのダウンロードと起動

今回は気分を変えて、本家サイトよりダウンロードしましょう。

愛とゆりの部屋

トップページ画面下側のダウンロードリンクをクリック。

時代を感じるサイトですが大丈夫です。1クリックでダウンロードが始まります。.lzhファイルがダウンロードされるので、適当なフォルダに解凍しましょう。

なお解凍するためのソフトウェアは7zipやCubeICEがおすすめ。もちろんどちらも無料です。

圧縮・解凍ソフト 7-Zip
圧縮・解凍ソフト7-Zipは、7z、ZIP、RAR、LZH、ISO、TAR、DMG、MSIなど、さまざまなデータフォーマットに1つで対応している世界的にデファクトのフリーソフトウェアです。AES256による暗号化(パスワード圧縮および解凍)も可能なおすすめのソフトです。
圧縮・解凍ソフト CubeICE
CubeICE は文字化けに強い高性能な「圧縮・解凍(展開)フリーソフト」です。Mac など Windows 以外で作成された Zip 等の圧縮ファイルを解凍する時に起こりがちな「文字化け」のトラブルを減少させます。個人・法人を問わず、誰でも無料で利用可能です。

解凍してできたフォルダを開き、「KeySwap.exe」を右クリック→「管理者として実行」を選択。

こんな画面が開きます。僕の場合は既にいくつかキー設定されていますが、気にしないでください。

無効化する

画面左側の【キー名】の部分をクリックして、登録したい場所を黄色にしましょう。

次に画面右側、キーボードのボタンから無効化したいキーを選んでクリックします。今回はInsertを選択。

この状態で画面左上、「終了」をクリックします。

ダイアログが出てくるので「はい」を選択。その後マシンを再起動すれば、キーが無効化されます。

別のキーに割り当てる

僕のマシンはInsertキーの隣にDeleteがあるので、「Deleteを押したつもりが、誤爆して入力モードが切り替わってしまう」という問題があります。

これを解決するために、このInsertキーもDeleteにしてみましょう。Insertキーを【キー名】に登録した時点から始めます。

登録すると、黄色の表示が【変換キー名】に移動します。ここにInsertキーを押したときに発動するキーを登録します。

今回はDeleteキーを選択することにしました。これでたとえ誤爆してもDeleteを発生させられます。

キーリストの左端のDeleteをクリック。(右側の大きなDeleteは、登録の取り消し用なので注意してください)

後は上と同じ。「終了」を押して再起動しましょう。

タイトルとURLをコピーしました