[Obsidian]Day Plannerプラグインでタスク管理を始めよう

Obsidianは使えば使うほど「こんなこともできるの?」と驚かされるメモアプリです。
今回はサードパーティ製のプラグイン「Day Planner」を使って、毎日のタスク管理を始めようというコンセプトでお話します。

スポンサーリンク

Day Plannerの基本的な使い方

インストール、有効化

サードパーティ製プラグインのインストール、有効化の手順はCalendarプラグインの記事で紹介しているので、こちらを参照してください。

[Obsidian]CalendarプラグインでDaily notesは進化する
前回の記事ではObsidianのDaily notes、その基本的な使い方と月別...

有効化するとVault直下に新たなフォルダ「Day Planners」とDay Planner用のファイルが作成されます。まずはこのファイルを開いてみましょう。

基本的な使い方

自動的に作成されたファイルには見出しとチェックボックスが1つあるだけです。
ここに今日1日の予定を時間:分 タスクという形で入力していきます。

基本的な作業はこれだけ。次はタイムラインを表示させてみましょう。
Ctrl (Command) + Pでコマンドパレットを呼び出し、「plan」で検索して「Show the Day Planner Timeline」を選択。

右サイドバーに「Day Planner Timeline」が追加され、今日のタスクと現在位置が表示されます。

一番下の「Track current time」をONにすると、現在時刻にフォーカスして自動的にスクロールします。お好みでONにしてください。

設定項目

基本的な機能は超簡単に使えるDay Plannerですが、各種設定を行うことでよりあなた好みのタスク管理/ハビットトラッカーに仕立てることができます。
Settingsの PLUGIN OPTIONS > Day Plannerを開きましょう。それぞれの設定項目は以下の通り。

項目意味
Day Planner ModeDay Plannerのモード切り替え
Complete past planner items時間が経過したタスクを自動的に完了済みとしてチェックする
Mermaid Ganttガントチャートを自動的に作成して表示する
Status Bar – Circular Progress横長のプログレスバーを円形にする
Status Bar – Now and Next今現在のタスクと次のタスクをステータスバーに表示する
Task Notificationタスクが切り替わる際通知する
Timeline Zoom Levelタイムライン表示のズームイン/ズームアウト

Day Planner Mode

Day Plannerには「File mode」と「Command mode」という2つのモードがあります。大きな違いはDay Planner専用のファイルを使うかどうかです。

  • File mode ⇒ Day Plannersフォルダに、Day Planner用のノートが毎日自動的に作成される
  • Command mode ⇒ 規定のフォルダやファイルは使わず、ユーザーがリストを作成する

詳しくは後ほど。

Complete past planner items

時間が過ぎたタスクを自動的に完了済みとしてチェックします。
毎日決まったルーティンをこなすような場合、いちいち手動でチェックするのも面倒です。この機能をONにしておくと、時間経過によってチェックが入るので管理が楽になります。

Mermaid Gantt

JSライブラリのMermaidを用いてガントチャートを生成します。
Day Plannerで使う分にはMermaidの知識は不要です。ただしマークダウンエディタでシーケンス図やフローチャートなどを作成する機会があるなら、知っておくと何かと捗ります。詳しい解説は以下のページをご覧ください (英語)。

mermaid - Markdownish syntax for generating flowcharts, sequence diagrams, class diagrams, gantt charts and git graphs.
Markdownish syntax for generating flowcharts, sequence diagrams, class diagrams, gantt charts and git graphs.

この機能をONにすると、チェックボックスの上にコードブロックが自動で追加されます。

このコードブロック部分がMermaidです。プレビュー画面に切り替えると、

チェックボックスの上にガントチャートが表示されました。休憩時間は「BREAK」と表記しておくと、ちゃんと休憩として認識されます。

また「END」はその日のタスクが全て終了したことを示すキーワードです。例えば「仕事が18時に終わり、その後はフリー」という場合、最後の行を- [ ] 18:00 ENDとしておくことで、タスク全体の終りを18時に設定できます。

Status Bar – Circular Progress

これ以降は小さな設定項目なので、サラッといきましょう。
Circular ProgressをONにすると、横長のプログレスバーを円形にします。

Status Bar – Now and Next

Now and Nextは文字通り、今現在のタスクと次のタスクをステータスバーに表示します。

Task Notification

ONにすると、タスクが切り替わるタイミングで通知を表示します。

Timeline Zoom Level

タイムラインのズームを切り替えます。左に行くほど縮小、右で拡大です。

File modeとCommand mode

最後に最も大きな設定項目であるFile modeとCommand modeについて。

File modeのメリットとデメリット

File modeは全自動でファイルが作成され、それがタイムラインに表示されるモードです。Day Planner単体で考えると非常に楽で良いですが、残念ながらいくつかの問題も抱えています。

  • Day Planner専用のテンプレート機能が無い (Obsidian標準の機能を使う必要がある)
  • Daily notes (Today’s note) とのつながりが薄い

一方のCommand modeはDay Planner用のファイルを作成しません。要するにDay Plannerを任意のページに潜り込ませるのがCommand modeです。

「Daily notesとDay Plannerを1つのファイルで管理したい」あるいは「テンプレート機能を使って毎日のルーティンを自動的に入力したい」などの場合はCommand modeを使うのが良いでしょう。

Daily notesにDay Plannerを統合する

それでは実践してみます。

① 設定画面で「Command mode」を選択しましょう。
モードを切り替えると、Day Planner用ファイルとタイムラインのリンクが切れた状態になり、サイドバーのタイムラインが表示されなくなります。

② この状態でDay Planner用ファイルの内容を丸ごとコピーし、Today’s noteにペーストします。
通常であればこれだけで再びリンクが繋がり、タイムラインが表示されるはず。表示されない場合は手動でリンクを繋ぎます。
Ctrl (Command) + Pでコマンドパレットを開き、「plan」で検索して「Link today’s Day Planner to the current note」を選択。

Command modeを使う場合は、この機能とその上の「Unlink」をホットキー(Ctrl + LCtrl + Uなど) に登録しておくのがおすすめ。

Daily notesのテンプレートにDay Plannerを含める

Daily notesにDay Plannerを統合するメリットはファイル構成がシンプルになることと、Daily notesのテンプレート機能が使えるという点です。

あくまで僕の場合ですが、Vault/templateフォルダにDaily notes用のテンプレートファイルが保存されています。
ここにDay Plannerを追記しておけば、Today’s noteが作成されると同時にDay Plannerも更新されるというわけです。

## Day Planner
- [ ] 9:30 執筆
- [ ] 14:00 BREAK
- [ ] 14:30 英語学習

後はホットキーで前日のDay PlannerをUnlink (Ctrl + U) → その日のDay PlannerをLink (Ctrl + L) すればOK。

タイトルとURLをコピーしました