[Obsidian] コミュニティプラグイン全集

Obsidianには標準で用意されたコアプラグインとコミュニティプラグイン(いわゆるサードパーティプラグイン)が存在します。
その中でもコミュニティプラグインは多数存在し、また今後もその数は増え続けるでしょう。
それ自体は非常に楽しく、またそうあるべきですが、一方で必然的にいくつかの問題も引き起こします。

  • プラグインの数があまりに多く、ダウンロード数という指標だけでは探しにくい
  • 何のためのプラグインなのか、またどう使うのかが分かりにくい

そこでこのページでは「特性による分類」と「ワンポイントアドバイス」によって、あなたが今最も必要とするプラグインに出会い、そして使い始める手助けをしたいと考えています。

「特性による分類」とは何か?
難しく考える必要は全くありません。例えば「HUNTER×HUNTER」の念能力になぞらえるなら、プラグインはこんなふうに分類できるでしょう。

img

細かな基準なんてある程度適当で良いんです。
数が多すぎて迷ってしまうプラグインをなんとなく位置付けておく。それによってあなたが欲しい機能がぼんやりと浮かび上がり、プラグイン探索が少し楽しそうに思える。それで十分なんです。

このページでは上記6つの特性に「ダウンロード数TOP10」を加えた7つを軸に、Obsidianのコミュニティプラグインを広く浅くご紹介します。

  1. ダウンロード数 TOP10
    1. 集計日: 2022/1/05
  2. 操作系プラグイン
    1. Advanced Tables
    2. cMenu
    3. Customizable Sidebar
    4. Customizable Menu
    5. Customizable Page Header
    6. Cycle through Panes
    7. Footnote Shortcut
    8. Hotkey Helper
    9. Hotkeys++
    10. Hotkeys for templates
    11. Natural Language Dates
    12. Outliner
    13. QuickAdd
    14. Shortcuts extender
    15. Typewriter Scroll
    16. Various Components
  3. 具現化系プラグイン
    1. Buttons
    2. Obsidian Charts
    3. Charts View
    4. Dataview
    5. Excalidraw
    6. Juggl
    7. Kanban
    8. Map View
    9. Mind Map
    10. Obsidian markmind
    11. Enhancing mindmap
    12. Timelines
    13. Timeline
  4. 放出系プラグイン
    1. Advanced Obsidian URI
    2. Another Quick Switcher / Quick Switcher++
    3. Calendar
    4. Convert url to preview (iframe)
    5. Daily Activity
    6. Find unlink files
    7. Markdown prettifier
    8. MetaEdit
    9. Note Refactor
    10. Pane Relief
    11. Paste URL into selection
    12. Periodic Notes
    13. Recent Files
    14. Search on Internet
    15. Tag Page Preview
    16. Tag Wrangler
  5. 変化系プラグイン
    1. Admonition
    2. Advanced Appearance
    3. Minimal Theme Settings
    4. CodeMirror Options
    5. Copy button for codeblocks
    6. Editor Syntax Highlight
    7. Emoji Shortcodes
    8. Emoji Toolbar
    9. File Tree Alternative Plugin
    10. Hider
    11. Highlightr
    12. Icons Plugin
    13. Ozan’s Image in Editor Plugin
    14. Show Whitespace
    15. Sliding Panes (Andy Matuschak Mode)
    16. Style Settings
  6. 強化系プラグイン
    1. Checklist
    2. Citations
    3. Day Planner
    4. Dictionary
    5. Kindle Highlights
    6. Obsidian to Anki
    7. PDF Highlights
    8. Review
    9. Rollover Daily Todos
    10. Spaced Repetition
    11. Status Bar Pomodoro Timer
    12. Tasks
    13. Tracker
  7. 特質系プラグイン
    1. Better Word Count
    2. Binary File Manager
    3. Collapse All
    4. Dice Roller
    5. Folder Note
    6. Jupyter
    7. Media Extended
    8. Obsidian Git
    9. Obsidian Pandoc
    10. Reading Time
    11. Selfhosted LiveSync
    12. Show Current File Path
    13. Sidebar Expand on Hover
    14. Templater
    15. Vantage – Advanced search builder
  8. 今後の予定

ダウンロード数 TOP10

何と言っても問答無用で試しておきたい、ダウンロード数トップのツワモノたち。使い方については各特性をご覧ください。

集計日: 2022/1/05

プラグイン名コメント特性
Advanced TablesObsidianで表書くならほぼ必須。
Calendarを抜き、ダウンロード数1位に
Calendarみんな大好きカレンダー放/操
DataviewデータベースやMOC作成に具/操
KanbanYes, Kanban ! Drag your KANBAN !
Sliding Panesタブバーが縦向きになり、左右にスライド
TemplaterObsidianの中で動くスクリプト言語
OutlinerObsidianがアウトライナーに
ExcalidrawObsidianがドローソフトに
Mind MapObsidianがマインドマップに具/変
Admonitionノートに注釈入れたりメモ書きするならコレ

2022年初頭のTOP10。Advanced TablesがCalendarを抜いて一位に躍り出ました。
比較的ハードルの高そうなDataviewやTemplaterがTOP10に入ってくるのは「さすがObsidianユーザー」といったところ。カスタマイズ欲の強さが現れています。

ちなみにObsidianのフォーラムで開催されていたプラグイン/テーマなどのユーザー投票「Obsidian Gems of the Year 2021」の結果はこちら。(英語)

Obsidian Gems of the Year 2021 voting
🏆 Hello and welcome to the voting post for our shiny Gems of the Year 2021 awards! 🏆 A few things to note before you vote: For each category, you can vote f...

半年後や一年後、このランキングがどう変わるか楽しみです。

操作系プラグイン

ここからは各特性に沿ってプラグインをリストアップしていきます。
表のプラグイン名をクリックすると各プラグインのページへ。使い方のワンポイントアドバイスは表の下に掲載されているので、使い方がよく分からない場合は参照してください。

また頻出の「コマンドパレット」はCtrl (⌘) + P で呼び出し。【設定 > Hotkeys】でホットキーに登録できるので、よく使う機能はホットキーから一発で呼び出せるようにしておくと便利です。

それでは始めていきましょう。まずはマークダウンの入力を支援したり、作業効率をアップさせる操作系。
表やアウトライナー、サジェストやホットキー、コマンド関連のプラグインはここから。

プラグイン名コメント
Advanced TablesTOP10入り
cMenuコマンドをアイコンから実行
Customizable Sidebarサイドバーにコマンドを配置
Customizable Menu右クリックにコマンドを登録
Customizable Page Headerページのタブにコマンドを配置
Cycle through Panesホットキーでアクティブペインを切り替え
Footnote Shortcut注釈 / 脚注をショートカットキーで入力
Hotkey Helper他プラグインの設定をホットキーから呼び出す
Hotkeys++独自のホットキーを追加
Hotkeys for templates標準テンプレートをホットキーから呼び出す
Natural Language Dates日付や時刻のサジェストなど
OutlinerTOP10入り
QuickAddデイリーノートや現在のノートにクイック追記
Shortcuts extenderマークダウンをショートカットキーで入力
Typewriter Scrollカーソル位置を画面中央に固定
Various Complements日本語 / 英語 両対応のサジェスト機能

Advanced Tables

Obsidianで最もダウンロードされた表作成プラグイン。
はじめにパイプ (縦線) で文字を囲み、見出し列を作ってからEnter。マークダウン記法では面倒なスペースも2行目も自動的に入力されてしまう神仕様。

img

表内の移動はキーボードで。横移動はTab、縦移動はEnterです。
また画面左側に追加されるアイコンをクリックすると、メニューアイコンをタブで開きます。

img

表に対する一通りの操作はここから。並び替えや関数まで使える。

img

cMenu

太字やコードブロックなど、主要なマークダウン記法を画面下部のアイコンから実行できるプラグイン。
設定の「cMenu commands」から任意のコマンドを登録することが可能。

img

Customizable Sidebar

画面左端のリボンアイコンを消去したり、逆にコマンドパレットからアイコンを追加するプラグイン。
どのような機能かは設定画面を開くと一目瞭然です。

img

Customizable Menu

「Customizable Sidebar」と作者は違いますが、同じような働きを持つプラグイン。
右クリックメニューにコマンドパレットから機能を登録し、実行できます。

Customizable Page Header

これもCustomizable Sidebarに影響を受けたプラグイン。ページのタブに機能を登録できます。
Sliding Panesとの共存もOK。

img

このプラグインのユニークな特徴は、アイコンを表示するかどうかをPCアプリとモバイルアプリで切り替えられるところでしょう。

Cycle through Panes

ホットキー Ctrl + Tab や Ctrl + Shift + Tabでアクティブなノートを切り替えるプラグイン。
有効化するだけで使えます。

Footnote Shortcut

注釈や脚注を付けるのに便利なプラグイン。
コマンドパレットから呼び出せる「Insert and Navigate Footnote」をホットキーに登録しておけば、キーを押すだけで自動的に注釈が付けられます。

img

Hotkey Helper

コミュニティプラグインのブラウズ画面をコマンドパレットやホットキーから呼び出せるプラグイン。
また他のプラグインのコマンドを【設定 > Community plugins】で各プラグインのリストからホットキーに登録できるようになります。

img

Hotkeys++

行のコピーやリスト形式の変更など、Obsidian標準のコマンドには無い機能をコマンドとして使えるようになるプラグイン。
デフォルトでホットキーが設定されているものもありますが、よく使う機能はユーザー自身でホットキーに登録しておきましょう。

img

Hotkeys for templates

Obsidian標準のテンプレート機能をコマンドパレットやホットキーから呼び出すプラグイン。
設定画面から使いたいテンプレートファイルをONにするだけで利用できます。

img

Natural Language Dates

日時の入力が便利になるプラグイン。まずは強力なサジェスト機能。

「@」でTodayやYesterday、Tommorowがサジェスト
「@next」で次の週や次の月、次の年がサジェスト
「@last」で前の週や前の月、前の年がサジェスト
「@数字」で〇〇日前、〇〇ヶ月前などがサジェスト

サジェストを選択すると、その日付のノートにリンクされます。

img

コマンドパレットのコマンドも豊富。例えば「10/15」というテキストを選択してコマンドパレット > 「Parse natural language date」を選択すると、

img

10月15日のノートにリンクされました。

img

とにかく日付や時刻の入力に関して多機能なプラグイン。他のプラグインの前提になっていることも多々あるので、サジェスト機能を使わなくてもインストールしている方は多いはず。

Outliner

アウトライナープラグインとしておなじみのOutliner、ズーム機能も使うならZoomプラグインも合わせて導入しましょう。
各項目の中黒 (Bullet) をクリックし、その項目をページのトップとするズームですが、この操作では新たなファイルが作られないのもポイント。お気軽にズームできます。

img

QuickAdd

なんだか取っ付きにくいけど、使えば分かる爆速入力プラグイン。詳細は別記事で。

[Obsidian] QuickAddプラグインを関西弁で解説するで!
兄ちゃん、兄ちゃん……それ、Obsidianか。おーワシも知っとるがな。関西人...

Shortcuts extender

主に記号をショートカットキーで入力するプラグイン。マークダウン記法の見出しにも対応。例えば見出し1は Ctrl + 1 です。

img

コマンドパレットから登録されている機能が一覧で確認できますが、日本の環境では普通に打てる記号がほとんど。プラグインが必要な場面はかなり限定的かもしれません。

Typewriter Scroll

カーソル位置を画面中央に固定するプラグイン。
また入力中の行以外を薄く表示し、集中を促す「Zen Mode」も実装。
どちらの機能も選択してON/OFFできます。

Various Components

アルファベット / 日本語ともにサジェストしてくれるテキスト入力サポートプラグイン。
特に英語の文章を書く機会が多い、スペルをど忘れするという方は入れておくと幸せになれます。

img

また既存ファイルへのリンクにも対応。選択すれば自動的にリンクが挿入されます。
アップデートも頻繁に行われているので、気になる方はTwitterアカウントをフォローしておきましょう。

https://twitter.com/Tadashi_MAMAN

具現化系プラグイン

HUNTER×HUNTERでは微妙な立ち位置の具現化系ですが、Obsidianでは花形。
通常のマークダウンではあり得ないカンバンやマインドマップ、グラフやドローイングなどグラフィカルなデータを具現化する人気のプラグインが並びます。

プラグイン名コメント
Buttons様々な機能を持つボタンを作成
Obsidian Chartsグラフを作成
Charts Viewグラフやワードクラウドを作成
DataviewTOP10入り
ExcalidrawTOP10入り
JugglCSS対応のカスタムローカルグラフビュー
KanbanTOP10入り
Map View地図を表示
Mind MapTOP10入り
Obsidian markmind多機能マインドマップ
Enhancing mindmapmarkmindの軽量版
Timelinesグラフィカルな年表を作成
Timelineシンプルな年表を作成。Timelinesとは別物

Buttons

いきなり分類に迷うプラグイン。「ボタンを作成する」と言えばそれまでですが、そのボタンに様々な機能を割り当てられるのが大きな特徴。
コマンドパレット「Button Maker」で新規作成。多彩なオプションが用意されています。

img

デフォルトではこんな感じのボタンがノート内に作成されるので、割り当てた機能をクリックで実行しましょう。

img

Obsidian Charts

その名の通り、Obsidian上で棒グラフや折れ線グラフ、パイチャートなどを作成するプラグイン。
新規作成するにはコードブロックを使用しますが、コマンドパレット「Insert new Chart」でGUI形式の入力も可能です。

img

例として歩数計のデータを入力してみました。実際に描画されるグラフはこんな感じ。

img

作成後にコードブロック内で編集もできます。

img

Charts View

グラフ作成プラグインですが、「Obsidian Charts」とは別物。通常のグラフに加え、ワードクラウドや組織図なども書き出せます。
コマンドパレット「Insert Template」からグラフ形式を選んで数値を入力するか、「Import data from external CSV file」からCSVをインポートしましょう。

img

「Obsidian Charts」と同様、後からコードブロックでの編集もできます。

Dataview

思いきり多機能なクエリ発行プラグイン。コードブロック内でクエリやコードを実行し、その結果を表示します。
例えば「#app」というタグが付いたノートをリストアップしたいなら、任意の場所で

```dataview
list from #app
``` (← 都合上全角文字にしていますが、実際は半角)

と入力すると、

img

この他にもデータベース的な見た目の「Table」、チェックリストの「Task」など多彩な表示方法が用意されています。
ただし本格的な運用には、YAMLフロントマターなどを駆使してノートを管理しておくことが不可欠。

Excalidraw

Webブラウザで動作するドロー (作図) アプリ「Excalidraw」をObsidianに取り入れたプラグイン。これぞまさに具現化系といったところか。
詳細は別記事で思う存分伝えたい。

[Obsidian] Excalidrawプラグインの魅力を図解で伝えたい
今日皆さんにお伝えしたいのは、図、書けってことなんですよ。図って理解を助け...

Juggl

名前からは何のプラグインか判断しづらいですが、Obsidian標準のグラフビューを拡張したようなイメージ。
任意のノートを開き、コマンドパレット「Open local ghaph of note」かノートのメニュー「Open Juggl」で新たなタブが開きます。

img

CSSに対応しているので、Obsidian標準のローカルグラフビューでは物足りないという方は試してみてください。
個人的にはもう少し動作が滑らかになってくれれば嬉しい。

Kanban

コマンドパレット「Create new board」からカンバンビューのノートを作成するプラグイン。最初にカードを収めるボードを作っておき、登録したカードをドラッグで移動するのが基本的な操作。
なお日付はデフォルトで「@」、時刻は「@@」で入力できます。

img

より詳しい解説は外部サイトへ。

Obsidian Kanban プラグインの基本的な使い方
日本語での記事がほとんど無いようだったので、Obsidian Kanban プラグインの基本的な使い方をまとめておきます。マークダウンエディタ「Obsidian」自体については別記事「Obsidian 導入メモ」を参照してください。※初出時

Map View

Obsidian上で地図を表示するプラグイン。コマンドパレット「Open Map View」か「Insert Geolocation」でGeoタグを入力すると開きます。

img

Mind Map

Kanbanのように最初から専用のノートを作成するのではなく、既存のノートをマインドマップとして閲覧するプラグイン。
実際は「具現化系」というより「変化系」の方がしっくりきますが、他のプラグインとの兼ね合いもあってこちらに分類しています。
コマンドパレット「Preview the current note as a Mind Map」で画面が上下に分割され、ノートの階層構造に応じたマインドマップを表示。

img

Obsidian markmind

有料のサブスクリプションも展開する、多機能マインドマップ / PDF編集プラグイン。
PDF編集は有料ですが、マインドマップに関するほとんどの機能は無料版でも使用可能です。

img

コマンドパレット「Create new mind map」で新規作成し、YAMLフロントマターでBasicかRich、どちらかのモードを選択して編集しましょう。

Enhancing mindmap

上記「Obsidian markmind」と同じ作者が提供するマインドマッププラグイン。
「何が違うの?」という感じですが、こちらはRichモード無し、有料オプションも無く、よりシンプルな機能となっています。
トピックの見た目は変更できませんが、ドラッグ操作には対応。

img

Timelines

年表を作成するプラグイン。

img

かなり洗練された見た目の年表が作成できますが、作成する手順は若干面倒です。
大体の流れはこんな感じ。詳細はプラグインのページを参照してください。

  1. フロントマターに2つのタグを設定し、それをイベントファイルとする
  2. htmlのspanタグ内にイベントの内容を記述
  3. イベントファイル以外のファイルでコードブロックを記述
  4. 3のファイルをプレビューモードで閲覧

Timeline

こちらも年表を作成するプラグイン。上の「Timelines」と比べると、記述の難易度はかなり控えめになっているので、そこまでビジュアルを重視しない場合はこちらがおすすめ。

img

コードブロックで言語名を「timeline」とし、イベントごとに3つの「+」を配置して記入するだけ。
編集モードでもレンダリングされます。

img

放出系プラグイン

続いてファイルやリンク、タグ、YAMLフロントマターを操作する放出系。主にDaily notesやその他のファイル、URLとのつながりを重視します。
操作系など複数の特性を併せ持つプラグインが多いのも特徴。

プラグイン名コメント
Advanced Obsidian URIURIを発行
Another Quick SwitcherQuick Switcherの飽くなき探究
Quick Switcher++Obsidian標準のQuick Switcherをより多機能に
CalendarTOP10入り
Convert url to preview (iframe)Webページをノート内に埋め込む
Daily Activity今日作成 / 編集したファイルをリストアップ
Find unlinked files孤立ファイルをリストアップ
Markdown prettifierYAMLフロントマターに情報を書き加える
MetaEditYAMLフロントマターに対する様々な操作
Note Refactor選択したテキストからノートを作成
Pane Reliefタブやワークスペースの移動を支援
Paste URL into selection選択箇所にURLを貼り付けてリンク作成
Periodic Notes週や月、年ごとのノートを作成
Recent Files最近開いたファイルリスト
Search on Internet選択したテキストを検索し、iFrameで表示
Tag Page Preview同一タグが付いたノートを一覧表示
Tag Wranglerタグ名の一括変更など

Advanced Obsidian URI

URI発行プラグイン。最も単純な使い方としては、URIを発行したいページを開いてコマンドパレット「copy URI for file」> 「Current file」> 「open」で現在のファイルを開くURIをコピーします。
実際のURIはこんな感じ。

img

URIの利点は他のアプリからこのノートに直接アクセスできるということ。
また「Open」の部分を「Append」にすれば、そのノートに外部から追記したりと幅広い活用が可能です。

Another Quick Switcher / Quick Switcher++

Obsidian標準プラグイン「Quick Switcher」と同じように、コマンドからファイルを開くプラグイン。
詳細は「Another Quick Switcher」作者のページへ。「Quick Switcher++」にも言及あり。

📘自分だけのObsidian Quick Switcherを作ってみた
📘自分だけのObsidian Quick Switcherを作ってみた

ちなみに作者は操作系の「Various Components」も制作されています。

Calendar

知らない人もあまりいないであろう超ベタなカレンダー。Daily notesとの相性も抜群です。詳細は別記事。

[Obsidian]CalendarプラグインでDaily notesは進化する
前回の記事ではObsidianのDaily notes、その基本的な使い方と月別...

Convert url to preview (iframe)

ノート本文のURLを選択 → コマンドパレット「URL to Preview/iframe」で、リンクを埋め込み形式に変換するプラグイン。

img

表示サイズや縦横の比率も変更できます。YouTubeなどの動画にも。

Daily Activity

「今日作成したファイル」や「今日編集したファイル」へのリンクを作成したり、表として表示するプラグイン。
コマンドパレットから様々なコマンドを実行します。

img

Find unlink files

  • どこからもリンクされていない (バックリンクが無い) ファイル
  • リンクがあるだけでファイルが存在しない箇所 (未解決リンク)
  • タグが付いていないファイル

をリストアップするプラグイン。拡張子を指定して、対象ファイルを削除することもできます。
コマンドパレット「Find unlinked files and unresolved links: …」で機能を選択。検出されたファイルは新たなノートにリストアップされます。

img

Markdown prettifier

ページ内のタグやコマンドの実行日時、更新日時などをYAMLフロントマターに記入するプラグイン。
コマンドパレットやホットキーで起動します。

img

ワンタッチで様々な情報を入力できるので、フロントマターで情報を管理している方には便利。

img

MetaEdit

こちらは上記「Markdown prettifier」より幅広い運用が可能なYAMLフロントマター用プラグイン。
フロントマターはノートにメタデータ (プロパティ) を付加する機能であり、MetaEditはその入力や編集を対話形式で手助けしてくれます。
起動するにはコマンドパレット「Run MetaEdit」から。

img

「Kanban」や「Dataview」「Templater」など他のプラグインとのつながりも深く、連携によってより真価を発揮できるでしょう。

Note Refactor

選択部分を新しいノートとして切り出す、またはノートを複数に分割するプラグイン。
ダウンロード数も多く人気ですが、現在は標準プラグイン「Note Composer」との競合部分も多いので注意が必要。
ノート内テキストを選択するか任意の場所で、コマンドパレット「Note Refactor: …」を呼び出します。

img

Pane Relief

多くのタブを開いたり、複数のワークスペースを駆使する方におすすめのプラグイン。コマンドパレットから「アクティブペインの移動」などを実行します。

img

Paste URL into selection

任意のURLをコピーしておき、ノート内テキストを選択してコマンドパレット「Paste URL into selection」を呼び出すと、選択したテキストをリンクに変換するプラグイン。

img

Periodic Notes

Daily notesに加え、Monthly (月ごと) / Quarterly (四半期ごと) / Yearly (年ごと) notesの概念を実装します。
最初に設定画面を開き、標準のDaily notesの設定を「Migrate」で引き継ぐところから始めましょう。

img

Recent Files

左サイドバーに「Recent Files」ペインを追加し、最近開いたファイルの履歴を表示するプラグイン。

img

That’s all there is to it! (それだけのことさ!)

Search on Internet

テキストの右クリックメニューに「Search on Google」や「Search on Wikipedia」を追加するプラグイン。検索エンジンの追加や編集にも対応。
検索結果は新たなページをタブで開き、その中に埋め込まれるので、Webブラウザが開くことはありません。

img

僕の環境では問題無く動作していますが、GitHubページには「右クリックがうまく動作しない」という注意書きがあるので一応留意しておいてください。

Tag Page Preview

タグでファイルを検索するプラグイン。
コマンドパレット「Tag Page Preview: Search」でタグを指定すると、そのタグが付いたファイル一覧がウインドウで開きます。

img

ただそれだけです。しかしObsidian標準機能では普通に検索するか、タグペインを表示してタグをクリックする必要があるので、キーボードから手を離したくない方には良いかも。

Tag Wrangler

タグ自体の名称を一括変更したり、タグを検索条件に入れて (または除外して) 検索するプラグイン。タグで多くのファイルを管理したい方には必須級と言えるかもしれません。
コマンドや設定項目は無く、タグ一覧で右クリックすることによって動作します。

img

ネストされたタグも変更可能です。

変化系プラグイン

具現化系のように全く別のデータを作り出すのではなく、ノートの見た目を華やかに、便利にアレンジする変化系。
絵文字やアイコンを入力したり、CSSに関するプラグインはこちらから。

プラグイン名コメント
AdmonitionTOP10入り
Advanced AppearanceGUIでテーマカスタマイズ
Minimal Theme SettingsMinimal Theme用のAdvanced Appearance
CodeMirror Optionsレンダリングプラグイン。LivePreviewモードでは微妙
Copy button for code blocksコードブロックにコピーボタンを追加。現在は不要
Editor Syntax Highlightシンタックスハイライト
Emoji Shortcodes絵文字をショートコードから使える
Emoji Toolbar絵文字をツールバーから使える
File Tree Alternative Pluginファイルリストの見た目や機能を変更
Hider不要なUIを排除する
Highlightrマークダウンのハイライトをカラフルに
Icons Plugin様々なアイコンやFont Awesome
Ozan’s Image in Editor Plugin画像やPDF、Excalidrawなどを編集画面でプレビュー
Show Whitespace空白やタブ文字を可視化
Sliding Panes (Andy Matuschak Mode)TOP10入り
Style SettingsGUIによる詳細なCSS設定など

Admonition

コードブロックや特殊な記法を用いることで、ノートの中にメモ書きや注意書きを挿入できるプラグイン。
基本的にはコードブロックの言語名を「ad-note」や「ad-warning」とすることで、その部分を特殊なブロックとして描画します。

img

Advanced Appearance

テーマのCSSをGUIベースでカスタマイズするプラグイン。CSSの知識が無くてもプラグインの設定画面で調整できます。

img

フォントの設定や一行の文字数なども変更可能。

Minimal Theme Settings

上記「Advanced Appearance」と同じ作者が制作しているMinimal Theme専用のCSS設定プラグイン。Minimal Themeを使用している方はこちらを使いましょう。

CodeMirror Options

WYSIWYGを求める方々から多くの支持を集めたレンダリングプラグイン。
現在は標準機能でライブレンダリングに対応しており、レガシーモードがOFFの場合はシンタックスハイライトなど、一部機能しか動作しません
基本的にはプラグインの設定画面から、様々なレンダリングの設定を行います。

img

Copy button for codeblocks

コードブロックにコードをコピーするボタンを追加するプラグイン。人気でしたがObsidianの標準機能でコピーできるようになり、現在は不要。

img

Editor Syntax Highlight

名前の通りシンタックスハイライト。コードブロックに記述された言語によって、テキストをカラー分けして表示します。

img

Emoji Shortcodes

より素早く絵文字を入力したい方へ。コロンに続けてアルファベットを打ち込むと、絵文字のリストが表示されます。

img

絵文字の数はこの後の「Emoji Toolbar」の方が多いです。

Emoji Toolbar

より多くの絵文字を使いたい方におすすめ。
コマンドパレットで「Open emoji picker」を選択するか、ホットキーCtrl (⌘) + Shift + =で起動します。

img

大量の絵文字がリストアップされるので、検索は必須。

img

File Tree Alternative Plugin

通常のファイルリストとは別に「File Tree」ペインを追加し、新たなUIを提供するプラグイン。
細かな設定はプラグインの設定画面から。

img

各フォルダのファイル数が見たい方には簡単に導入できておすすめ。

Hider

ObsidianのUIから不要な要素を非表示にできるプラグイン。設定画面を開き、ON/OFFするだけの簡単操作です。

img

Highlightr

マークダウン記法では「==」で囲んだ文字をハイライトできますが、あらかじめ決められたカラーでしか描画できません。
他のカラーも欲しいならこのプラグインを使いましょう。テキストを選択し、コマンドパレット「Highlightr:〇〇」でカラーを選択するか、右クリックメニューでカラー選択です。

img

Icons Plugin

様々なアイコンやFont Awesomeを入力できるプラグイン。通常のテキストだけでは退屈なときに。
コマンドパレット「Insert Icon」で起動し、検索して入力します。閲覧はプレビューモードで

img

「Folder」や「Google」はもちろん、「Spotify」や「Finder」なんかもあって楽しめます。

Ozan’s Image in Editor Plugin

画像やPDF、Excalidrawファイル、iframeなど多種多様なファイルを編集画面に表示するプラグイン。
現在でも人気で更新は続けられていますが、ライブレンダリングが標準になったのもあり、優先的にインストールするプラグインではなくなった感があります。

img

Show Whitespace

空白文字やタブ文字を可視化するプラグイン。特にマークダウン記法の「改行」と「改段落」をはっきり区別したいときなどに便利。

img

現行のライブプレビューではTabを押すとインデントしてしまうので、Tab文字を入力したい場合はレガシーモードを使いましょう。

Sliding Panes (Andy Matuschak Mode)

コミュニティプラグイン黎明期から人気の超有名プラグイン。タブを垂直に表示し、横スクロールすることによって表示幅を調整できます。

img

Style Settings

GUIによるCSS設定という部分では「Advanced Appearance」や「Minimal Theme Settings」に近いですが、こちらはより細かな設定やファイルのインポート / エクスポートに対応した多機能プラグイン。

例えば「Blue Topaz」というテーマではこんな設定項目が現れます。テーマによって設定できる項目が大きく異なるので注意してください。

強化系プラグイン

学習やタスク管理、ハビットトラッカーなど主にユーザーを強化するための強化系。学生や研究職、意識高い系ビジネスマンは要チェック。

プラグイン名コメント
Checklistファイルをまたいだチェックリストを表示
Citations文献のデータを元にしたノート作成支援
Day Planner一日のタイムスケジュールを管理
Dictionary国語 / 英英などの辞書。多言語対応
Kindle HighlightsKindle本のハイライト部分をリストアップ
Obsidian_to_AnkiObsidian to Anki
PDF HighlightsPDFからハイライトやマーカー部分を抽出
Review現在のノートを見返す日を指定し、リンク作成
Rollover Daily Todos未完了タスクを次の日に繰り越す
Spaced RepetitionObsidian as Anki
Status Bar Pomodoro Timerステータスバーにポモドーロタイマーを
Tasks多機能チェックリスト管理
Tracker毎日のデータをグラフに

Checklist

ファイルをまたいでチェックリストを1か所に表示するプラグイン。インストールすると、右サイドバーにチェックリストのペインが追加されます。

デフォルトでは「#todo」タグを付けたノートにチェックリストを記入すると、その内容を表示。

img

複数ファイルの内容をまとめて確認できるので、短期的 / 長期的目標を同時に表示したり、日ごと / 月ごとのToDoを表示したりと便利に使えそう。

僕も気に入って使っているプラグインですが、欲を言えばチェックリストのインデントにも対応して欲しいところ。階層化されたタスク管理には向いてないかな?

Citations

論文など大量の資料を元に文章を作成したり、多くのデータをノートにまとめるためのプラグイン。
その性質上、文献管理ツールZoteroやそのサポートツールであるBetter BibTexなどと組み合わせた運用を念頭に置かれています。

簡単な使い方としては、

  1. Zoteroのライブラリをエクスポート (BibLaTeX形式かJSON形式)
  2. プラグインの設定画面でライブラリのパスを指定
  3. コマンドパレット「Open literature note」でその文献のメタデータがフロントマターに書き込まれる

その他いくつかのコマンドがコマンドパレットから実行できます。

img

Google Scholarが毎日のルーティンという研究者の方はぜひ試してみてください。

Day Planner

惜しくも10位には届かなかったスケジュール管理プラグイン。
基本的にはデイリーノートのように「1日」を単位としてタイムスケジュールを管理します。詳細は別記事で。

[Obsidian]Day Plannerプラグインでタスク管理を始めよう
Obsidianは使えば使うほど「こんなこともできるの?」と驚かされるメモアプリ...

Dictionary

右サイドバーに「Dictionary」ペインを追加し、そこから単語やフレーズを検索できるプラグイン。
検索語句をタイトルとして、新規ノートを作成することもできます。

img

残念ながら英→日などには対応していないようですが、Obsidian上で英英辞書や国語辞典が使えるのは普通に便利。

Kindle Highlights

Kindle本でハイライトした部分を同期してノートにまとめるプラグイン。本ごとにノートが作成されます。詳細は別記事で。

Obsidian流 読書ノートの作り方 (Kindle Highlights Plugin)
本を読んでマーカーを引く。それだけじゃ本当の意味で「本を読んだ」とは言えませんよ...

Obsidian to Anki

マニアにはたまらないAnki (フラッシュカードアプリ) との同期、連携プラグイン。ただ設定項目もコマンドパレットも出てこないので、使い方に迷う方も多いのではないでしょうか。
インストールや使い方に関してはこちらの外部記事を参考にしてください。

Obsidian_to_Ankiの使い方 : ZettelkastenとSRSを組み合わせる

PDF Highlights

PDFファイルのハイライト部分を抽出し、マークダウン形式でテキストを抜き出すプラグイン。使い方はとっても簡単。

  1. ハイライトを含むPDFをVaultの中に移動
  2. PDFを開く
  3. 画面左端 PDFのリボンアイコンをクリック

img

Review

フラッシュカードプラグイン「Spaced Repetition」と似ていますが、こちらは「ノートの振り返り」に特化したプラグイン。使い方の大まかな流れは、

  1. 振り返りたいノートを開く
  2. コマンドパレット「Add this note to a daily note for review」
  3. 振り返る日を指定
  4. 指定日のデイリーノートが作成され、開いているノートへのリンクが作成される

img

「tomorrow」など自然な日付指定も可能です。なお動作には「Natural Language Dates」プラグインが必須

Rollover Daily Todos

前日未完了だったチェックリストを当日に繰り越して表示します。
使い方はコマンドパレット「Rollover Todos Now」を選択するだけ。Undoもコマンドパレットから。

img

Spaced Repetition

フラッシュカードプラグイン。「Obsidian to Anki」のようなAnkiとの連携ではなく、Obsidian自体をAnkiにしてしまおうというアプローチ。
デフォルトでは「#flashcards」タグを付けたノートで、特定の書式を利用してフラッシュカードを作成します。復習するには画面左端のリボンアイコン「Review flashcards」から。

img

また「#review」タグを付けたノートを後日振り返ることもできます。この機能は「Review」プラグインと似たようなもの。
ノートの振り返りに関してはこちらの外部記事でどうぞ。

💎Spaced Repetitionプラグインで「Ankiっぽい」ノート見直しの仕組みを実現
「間隔をあけて」「インクリメンタルライティング」ができるようになるプラグイン

Status Bar Pomodoro Timer

シンプルなポモドーロタイマープラグイン。画面左端 リボンアイコンかコマンドパレット「Start pomodoro」で開始します。

img

ポモドーロ中はステータスバーにタイマーを表示。

img

また設定画面から時間設定やサウンド、ログファイルをどこに残すかなど必要十分な設定も。

Tasks

上記「Checklist」プラグインと同じように、ファイルをまたいだタスクを管理するプラグイン。
特徴としてはそれぞれのタスクに複数のプロパティを設定し、それによってフィルタリングできるところ。

任意のノートで「#task」タグを付けたチェックリストを作成するか、コマンドパレット「Create or edit Task」で新たなタスクを設定します。

img

タスクを確認するには任意のファイルでコードブロックの言語名を「tasks」とすればOK。フィルタリングする場合はコードブロック内にクエリを書き入れましょう。

Tracker

具現化系の要素も強いハビットトラッカー用プラグイン。例えば続けたい習慣や体重、血圧など、記録したデータをグラフやカレンダーとして表示用ノートに表示します。
もう少し掘り下げた使い方は外部記事で。

Tracker Pluginを使って毎日の習慣化もObsidianで!
Obsidianでは毎日のルーティンを行ったか簡単に記録できるTracker Pluginというものがあります。Tracker Pluginを活用し、毎日のルーティーンを可視化し、楽しく継続する方法を

特質系プラグイン

現時点では上記5つの特性に分類できないプラグイン。
他デバイスとのファイル同期、多くの特性にまたがる多機能プラグイン、逆にちょっとした機能を添えるものなど多種多様です。

プラグイン名コメント
Better Word Count文字数やファイル数カウンター
Binary File Manager画像やPDFからメタデータを抽出
Collapse Allフォルダリストの全てを折りたたむ / 展開する
Dice Roller多機能サイコロ機能
Folder Noteフォルダをインデックスページに
JupyterPython実行環境
Media Extended動画の再生速度調整や動画の指定時間へのリンクなど
Obsidian GitGitHubとのファイル同期支援
Obsidian Pandoc様々な形式でのエクスポート
Reading Time「この記事は○分で読めます」をステータスバーに
Selfhosted LiveSyncファイル同期
Show Current File Pathアクティブなノートのパスをステータスバーに表示
Sidebar Expand on Hoverマウスオーバーでサイドバーを展開
TemplaterTOP10入り
Vantage – Advanced search builder複雑な検索クエリを実行

Better Word Count

文字数カウンター? それだけじゃありません。他にもこんな情報をステータスバーに表示できます。

  • total_word / character / sentence_count (Vault内全ての単語 / 文字 / 段落数)
  • file_count (Vaultの総ファイル数)
  • words / characters / sentences_today (今日入力した単語 / 文字 / 段落数)

img

Binary File Manager

画像やPDFファイルからメタデータを抽出し、それを含めて新たな.mdファイルを作成するプラグイン。
詳細は作者のページを参照してください。

Obsidian Binary File Manager プラグインを作った
qawatakeが公開しているノートです

Collapse All

ファイルやタグのリストをボタン1つで全て折りたたむ / または展開するシンプルなプラグイン。
インストールすると、ファイルリストやタグ一覧に「Expand All」または「Collapse All」ボタンが追加されます。

img

Dice Roller

無駄に多機能なサイコロプラグイン。使うにはショートコードに特定の書式でコマンドを記述しましょう。

`dice: 1d6` 6までのサイコロを1つ振る
`dice: 2d10` 10までのサイコロを2つ振る

プレビュー画面でサイコロのアイコンをクリックすると、何度でも振りなおせます。

img

他にも多彩なオプション有り。

Folder Note

フォルダをCtrl (⌘) + クリックすると、ノート内のファイルをタイル状に並べて表示するプラグイン。
2回目以降は通常のクリックで同じものが表示されます。

img

実際にはそのフォルダ直下にフォルダと同名のファイルを作成し、そこでフォルダの内容をプレビューしているというもの。
フォルダがインデックスページに早変わりという感じで、なんとも不思議な感覚です。

Jupyter

ObsidianでPythonが動く!
PythonとJupyterをインストールし、Pythonインタープリタのパスを指定すればOKという手軽さ。

img

なお動作にはPython3.7以上が必要です。

Media Extended

動画や音声の再生に速度変更やリピート再生、タイムライン作成などの機能を付け加えるプラグイン。
プレイヤーはVault内のメディアファイルを再生した際、有効になります。

img

Obsidian Git

「他デバイスとの同期はGitHubを使っている」という方へ。面倒なpushやpullを自動で行ってくれるプラグイン。
使い方については外部記事をどうぞ。

ObsidianをGitでバージョン管理する
Obsidian の使い勝手を上げるために、Git でバージョン管理を行い、また自動で git push する仕組みを作りました。
【Obsidian】Obsidian gitプラグインのメモ - aburi6800のブログ
マークダウンエディタのObsidionは、ドキュメントの作成や思考の整理に適したツールですが、基本的に保存先はローカルドライブになります。 そのため、複数台のPCを使用していると、ファイルの同期を何らかの方法で行う必要があります。 また、バックアップも自己管理となります。 この問題を解消するため、サードパーティープラグ...

Obsidian Pandoc

ファイルをdocxやpptx、PDF、EPUBなど多彩な形式でエクスポートできるPandoc。Pandocがインストールされていれば、Obsidianのノートも自由自在にエクスポートできます。
Pandocの詳細はこちら。

Pandoc User’s Guide 日本語版 — 日本Pandocユーザ会

事前準備としてはPandocをインストールし、そのパスをプラグインの設定画面で入力しておくだけ。エクスポートする際、コマンドパレットから各種形式を選択しましょう。

img

Obsidian + Pandocに関してはこちらの外部記事も参考に。

Obsidian plugin Pandoc - Obsidian Publish
Obsidian plugin Pandoc - Powered by Obsidian Publish.

Reading Time

そのノートを読むのに何分かかるかの目安をステータスバーに表示するプラグイン。

img

表示フォーマットや読む速さはユーザーが設定することもできます。

Selfhosted LiveSync

「他デバイスとの同期はObsidian SyncもGitHubもGoogle DriveもDropboxもiCloudも嫌!」という方へ。
詳細は作者自身が解説されています。

obsidian-livesync/README_ja.md at main · vrtmrz/obsidian-livesync
Contribute to vrtmrz/obsidian-livesync development by creating an account on GitHub.

他デバイスとの同期方法については別記事でまとめているので、興味のある方はこちらも。

Obsidianの複数端末同期方法まとめ (Mac/Windows/iOS/Android)
現在、ノートアプリObsidianのデータ (Vault) をiOSやAndro...

Show Current File Path

ステータスバーにアクティブなノートのファイルパスを表示するプラグイン。クリックするとフルパスをコピーできます。

Sidebar Expand on Hover

サイドバーをマウスポインタの位置によって開閉するプラグイン。クリックは不要です。
左右どちらも対応していますが、どちらかのみ有効にすることもできます。

img

クリック不要でサイドバーが開けるのはすごく良い。ただ個人的には、開いたまま固定するボタンなどあればもっと良くなると思います。

Templater

プラグイン界のラスボス的存在。Obsidian標準のテンプレート機能を拡張するプラグインと思われるかもしれませんが、実際は「プログラミング言語」と言った方が近いでしょう。
英語ですが公式の詳細なドキュメントが提供されています。

Introduction - Templater

Templaterの使い方に関してのまとまった日本語資料はありません。こちらの記事は断片的ですが日本語で読めるので、はじめの一歩として。

Obsidian - Templater
Obsidian - Templater

Vantage – Advanced search builder

「簡易版Dataview」といった感じのクエリ発行プラグイン。
コマンドパレット「Build a new search」で様々なクエリを設定し、検索したりノート内にその結果を埋め込んだりといった機能。

img

今後の予定

現在この記事へのプラグイン登録数は86。今後はせめて100、できればそれ以上に増やしたいと考えています。
今後追加が予定されているプラグインは、

こんなところです。(順不同)

「愛用しているプラグインが入ってない!」「上手い解説ページ見つけた!」など、情報提供お待ちしています。

タイトルとURLをコピーしました