WSLでLinuxライフ! UbuntuのインストールとVSCode用の設定

現在はWindowsでもWSL(Windows Subsystem for Linux)によってLinuxを動かせるようになりました。VMではないので軽く動き、Windows環境も汚れません。いい時代です。

そんなわけで今回はそのLinuxから最も人気が高いであろうUbuntuディストリビューションをインストールして使っていこうと思います。

スポンサーリンク

WSLを使うための準備

WSLを使うにはまずWindowsでWSLを有効化する必要があります。早速やっていきましょう。

スタートボタン右クリック→「アプリと機能」を開きます。

そこから一番下までスクロールして、「関連設定」の「プログラムと機能」をクリック

左側の「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリック

Windows Subsystem for Linuxにチェックを入れてOK

これでWSLのインストールが行われ、再起動後WSLの機能が有効化されます。

ストアからLinux(Ubuntu)をインストール

MicrosoftストアからUbuntuを入手します。ストアで「ubuntu」と検索すれば出てくるので、ダウンロードしましょう。

https://www.microsoft.com/ja-jp/store/b/home

3種類あって迷うかもしれませんが、ただの「Ubuntu」でかまいません。

こちらは自動的にLTS(長期サポートバージョン)を選択してインストールしてくれます。

Ubuntuの初回起動

インストールが終わったらUbuntuをスタートメニューから起動します。
初回起動時は管理者のユーザー名、パスワードを設定します。パスワード設定時は何も表示されないので注意。
パスワード設定が終わればWindowsシステムからUbuntuのBashが使用可能になります。

Ubuntuパッケージのアップデート/クリーンアップ

Ubuntuのパッケージアップデートはコマンドを打ち込んで行います。まずはこちら

sudo apt update

でUbuntuの最新パッケージ情報を取得します。最初に画面上に出ていた「$」が出てくれば終了です。続いてこちらも実行しましょう。

sudo apt dist-upgrade

このコマンドでパッケージを最新の状態に更新します。

更新終了時、Use 'sudo apt autoremove' to remove them. という文字が出てくるのであればこちらも実行。

sudo apt autoremove

最新の状態に更新し、必要無くなったパッケージを削除します

Ubuntuは割と頻繁にアップデートするので、気づいたときにこのセットを実行しておくといいかもしれません。

UbuntuをVSCodeのデフォルトターミナルに設定する方法

VSCodeではCtrl+@を押すと、デフォルト状態では画像のようにWindows標準のコマンドプロンプトが起動するようになっています。これをUbuntuのBashに変更する方法です。

まずメニューのファイル→基本設定と辿るか、Ctrl+,(カンマ)で設定画面を開きます

設定でterminalと検索。

追記:「terminal」だと項目数が多いので「terminal shell」や「シェル」の方がいいかも

「 Windows でターミナルが使用するシェルのパス」までスクロールし、そこをwslのパス(C:\Windows\System32\wsl.exe)に変更しましょう。

これで次回からデフォルトでWSLのUbuntuが起動します。

タイトルとURLをコピーしました