Fast Notionで即メモ!導入と設定ガイド

iPhoneやAndroidデバイスを出先で使っていると「思いついたことをサッとメモしたい」という状況も多いですよね。
ただデフォルトのNotionではそれがやりにくい。なぜならメモするために、まず書き込むページを探して開くという一手間が必要だからです。一瞬でメモりたい状況でこれは致命的。

そんなわけで僕は「即メモ」に関しては、最近まで他のアプリを使っていました。しかし既にリリースされているFast Notionというアプリを使えば、この一手間を(ほぼ)完全に無視できます。

今回はNotionに即メモするためのiOS / Androidアプリ、Fast Notionの導入方法と簡単な使い方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

導入のための手順

必要なもの

Fast Notionは「インストールしただけですぐに使える」アプリでは残念ながらありません。Fast NotionはあくまでNotionとは別のアプリ。そのためNotionに投稿するためには次の2つが必要です。

  1. 投稿するページのURL
  2. アクセストークン

アクセストークンとはパスポートや通行許可証のようなもの。外部アプリからNotionにアクセスする際に必要となります。
この2つはパソコンでWeb版のNotionにアクセスして取得するのが最も簡単なので、最初にパソコンで2つとも取得してしまいましょう。

URLを取得する

パソコンからWeb版のNotionにアクセスし、まずFast Notionから投稿するためのページを作成しておきます。
① サイドバーの「New page」で新規作成し、名前を入力してください。ここでは「Fast Notion」というページ名で進めます。

② 作成したページのURLを、Webブラウザのアドレスバーからコピーします。

③ そのままNotionのページ内にURLを貼り付け。

アクセストークンを取得する

次にアクセストークンです。トークンはWebブラウザのDeveloper Tools (開発者ツール) で確認できます。

① Fast Notion用のページを開いた状態で、WindowsならF12、MacならOption+Command+IでDeveloper Toolsを開きましょう。

② 上のような画面が開きます。「Elements」「Console」などが並んでいるタブから「Application」を選択。

③ Applicationのメニューから「Cookies」を展開し、その中の「notion.so」を選択すると、右側に表のようなものが現れます。

表の1番左「name」欄から「token_v2」という項目を探します。見にくければDeveloper Toolsを横に広げてください。

④ 用があるのはこの行だけ。「token_v2」の右側、文字の羅列部分をダブルクリックし、全体をコピーします。

コピーできればもうDeveloper Toolsは不要なので、閉じてしまってOKです。

⑤ 後はコピーした文字をFast Notion用のページにそのまま貼り付けます。

「投稿先ページのURL」と「アクセストークン」が両方揃いました。

モバイルデバイス側の操作手順

ここからはモバイルデバイス側で操作していきます。iOS / Androidどちらも共通です。
最初にFast Notionをインストールしておきましょう。Notionも使いますが、Webブラウザでアクセスしてもかまいません。

Fast Notionはこちらからダウンロードできます。

Fast Notion

Fast Notion

Yuji Tsuburaya無料posted withアプリーチ

モバイルアプリ版のNotionもインストールしておきたい方はこちら。

Notion - Notes, projects, docs

Notion - Notes, projects, docs

Notion Labs, Incorporated無料posted withアプリーチ

Fast Notionに必要事項を入力する

Fast Notionを起動するとこんな画面になります。

この2つは既にNotionのページに入力されているはず。モバイルデバイスから上で作成しておいたNotionのページにアクセスし、URLとトークンをNotionのページからコピペしてください。

▲ こちらはURL入力画面。上の欄にURLをペーストします。下の欄は投稿時の「SELECT PAGE」に使われる名前用なので、何でも自由に決めてかまいません。

投稿

両方入力できれば、下のような画面になります。

早速投稿してみましょう。

  1. 投稿先ページを選択 (変更しないなら操作不要)
  2. 投稿内容を入力
  3. Postボタンをタップ

ここまでの作業に不備が無ければ、画面右上に「Success!」と表示されます。

Notionを開いて確認してみてください。

Fast Notion用のページに、新たにテキストが追加されていれば成功です。

Fast Notionの設定

最後にFast Notionの設定項目。シンプルなアプリなので、複雑な設定はありません。ToDo ModeとPost Button Modeの2つだけ確認しておきましょう。

ToDo Mode

ToDo ModeをONにすると、投稿したテキストがチェックボックス形式になります。

Post Button Mode

Post Button ModeをONにすると、右上のPostボタンがテキストボックスの下側に配置されます。

なおこのモードは、今のところiOSのみ対応です。

タイトルとURLをコピーしました