[Obsidian Plugins] Advanced Tables

GitHub - tgrosinger/advanced-tables-obsidian: Improved table navigation, formatting, and manipulation in Obsidian.md
Improved table navigation, formatting, and manipulation in Obsidian.md - GitHub - tgrosinger/advanced-tables-obsidian: Improved table navigation, formatting, an...

機能

大きく分けて2つ。

  1. 表の作成と操作を簡単操作で実現
  2. 関数などを利用した計算

設定

設定画面は一応あるという程度で、項目数も少ない。
シンプルに解説するなら「全部ON」。

表の作成とキーボード操作

マークダウンの中でも表は、書きにくい要素の筆頭というイメージがある。しかしAdvanced Tablesがインストールされているなら、ほとんど何も考える必要はない。
パイプ文字で区切りながら、見出しを記入していく。見出しが無ければパイプ文字だけでもいい。

Enterを押すかマウスカーソルを外すと、表の完成だ。

カーソルの移動

Enterで確定した場合、データの1行目にカーソルが移動するので、そのまま内容を書き込める。
横移動はTab、下の最初の列へはEnterで移動。

操作キーボード
次のセルへTAB
前のセルへShift+TAB
下の最初のセルへEnter

サイドバーやコマンドから可能な操作

行の移動や列の追加、テキストの中央揃えなど、表に関する操作はほとんどがサイドバーやコマンドから実行できる。
特にコマンドは数も豊富で、ホットキーに登録してしまえばほとんどの操作はキーボードでできてしまう。

カーソル移動コマンド

操作コマンド
次の行へGo to next row
次の列へGo to next column
次のセルへGo to next cell
前のセルへGo to previous cell

追加、削除系コマンド

操作コマンド
直前に行を追加Insert row before current
直前に列を追加Insert column before current
行の削除Delete row
列の削除Delete column

行列の移動コマンド

操作コマンド
行を上に移動Move row up
行を下に移動Move row down
列を右に移動Move column right
列を左に移動Move column left

テキストの揃えを変更するコマンド

操作コマンド
列のテキストを左揃えにLeft align column
列のテキストを右揃えにRight align column
列のテキストを中央揃えにCenter align column

その他のコマンド

機能コマンド
(カーソルのある列を) 昇順で並び替えSort rows ascending
(カーソルのある列を) 降順で並び替えSort rows descending
マークダウン表記2行目の幅をテキスト量に合わせるFormat table at the cursor
上記をファイル内全ての表に適用Format all tables in this file
関数を実行するEvaluate table formulas

Formula

定型文と例文の意味

  • Formulaは表の直後に書く
  • 全てのFormulaは<!-- TBLFM:で始まり、 -->で終わる。
  • =の左辺は「ここに結果を表示」の意味
  • =の右辺には式が入る。このsum()は関数であり、関数もまた式のひとつである。
  • sum()は合計値、mean()は平均値を算出する関数

つまりこのコードは、

  • 最後の行の2列目に、
  • 足し合わせた結果を表示してください。
  • (2列目最初の行から、最後の1つ手前までの行を)

と読める。
Functionを実際に走らせるにはカーソルを表内に合わせた上で、コマンド【Evaluate table formulas】を実行すること。

セルの指定方法

表記意味
@
$
<最初の
>最後の
I表のヘッダとその他を分ける行。実質的にはデータの最初の行となる

範囲の指定方法とその例

表記意味
@3..@53行目から5行目まで
@2$4..@52行目 (これもデータの最初の行) から同じ列の5行目まで
2$..4$2列目から4列目までのすべでの行
4@..@>4行目から最後の行まで

計算

右辺では関数だけではなく、一般的な四則演算も可能。

記号意味
+足す
-引く
*掛ける
/割る

その他にも比較演算子など、使えるものは色々ある。詳しくは公式のページを参考に。

formulas.md

関連

Markdown Tables generator - TablesGenerator.com
Easily create tables in extended Markdown format supported by Markdown Here and GFM.
タイトルとURLをコピーしました