Source Han(源ノ)系フォントの選択とダウンロードガイド

Source Han Monoや源ノ角ゴシック、Source Code ProやSource Han Code…。Source Han系のフォントにはバージョンが色々ありすぎてわけが分からん!という方も多いのではないかと思います。

一体これらは何が違っていて何を選べばいいのか。

今回はフォント選択のヒントと、迷わないダウンロードの方法を提示できればと思います。フォント選択に迷っている方はまずこちらをご覧ください。

ご自分に必要なフォントがなんとなく判明したでしょうか?以下では一般用途、プログラミング用途でそれぞれフォントをダウンロード、インストールしていきます。

スポンサーリンク

一般用途の場合

  • ブラウザやWordなど、アプリケーションのフォントを変更したい
  • 画像に埋め込むフォントとして使いたい

などの用途であれば、ゴシック体は「Source Han Sans」、明朝体は「source Han Serif」をダウンロードしましょう。

「源ノ角ゴシック」や「源ノ明朝」という名称は、これらのフォントの日本語部分に該当します。「源ノ角ゴシックが欲しいのにラインナップに無い!」という方も安心してください。

Source Han Sansをダウンロード、インストール

Sans、Serifとも大まかな流れは変わらないので、ここではゴシック体のSource Han Sansをダウンロード、インストールしていきます。まずはAdobe-FontsのGithubリポジトリにアクセス。

Adobe Fonts
Adobe Fonts has 37 repositories available. Follow their code on GitHub.

どちらかを選んでクリックしましょう。クリックした先はこんなページになっています。

フォルダが並んでいますが、このままずーっと下へスクロールしましょう。

スクロールした先ではREADME.mdが表示されます。ここの「Latest release」をクリックして、最新版のページを開きます。

ここの「OTF」をクリック。

使用するフォントの言語を選択します。「Japanese」をクリック。

ここではフォントウェイト(フォントの太さ)によってファイルが分かれています。以下はそれぞれのフォントウェイトの見本です。

使用したい太さを選択します。お試しであれば「Regular」が無難。必要であれば後でこのページに戻ってきて複数ダウンロードしましょう。

「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードしたファイルがこちら。約16.5MBのOpenTypeフォントです。このファイルから実際にフォントをインストールしていきます。

フォントをインストールする方法

Macの場合、apple公式サイトにインストール方法が掲載されていますので、こちらをご覧ください。

Mac でフォントをインストール/削除する方法
Mac にはたくさんのフォントが組み込まれていますが、Apple やその他のソースからさらにダウンロードし、インストールすることができます。App で表示する必要のないフォントは、使用停止にしたり削除したりできます。

Windows10の場合、このファイルを右クリック→「すべてのユーザーに対してインストール」でインストールできます。

インストールしたフォントを確認する (Windows10)

新しいフォントがきちんとインストールされたか確認してみます。Windows10ではスタートメニューを右クリック→「検索」をクリック。

すると下のような画面が出てきます。

一番下の検索ウインドウに「フォント」と入力しましょう。すると、

「フォント設定」が候補として出てきます。そのままエンターキーを2回押しましょう。文字確定のエンターを押していた場合は1回でOKです。

フォント設定が開きます。ここの検索ウインドウに「源ノ」や「source han」と入力してみて、インストールしたフォントが見つかれば正常にインストールされている証拠です。

例えばSource Han Monoの日本語フォントは「源ノ等幅」という名前で見つかります。アルファベットで見つからなければ和名も試してみましょう。

プログラミングで使用する場合

プログラミングで使用する場合、選択肢は2つあります。「Source Han Code」と「Source Han Mono」です。

CodeとMonoの違い

この2つはどちらも「Source Code Pro」というプログラミング用に開発されたフォントをASCII文字に使用したフォントであり、日本語の文字には基本的に源ノ角ゴシックが使用されています。

2つの違いは、簡単に言えば「日本語で使用する文字のみに絞ったフォント」がSource Han Code、「韓国や中国の文字も含む、東アジア汎用フォント」(Pan-CJKといいます)がSource Han Monoです。

Source Han Monoは2019年に登場し、新元号「令和」の合字(リガチャ)にも対応しているとあって話題のフォントですが、韓国や中国の文字を使わない、「令和」の合字が特に必要無い方はファイルサイズが小さく抑えられるSource Han Codeでも十分かと思います。

今回はSource Han Monoをダウンロード、インストールしていきます。

Source Han Monoをダウンロード、インストール

まずはAdobe FontsのGithubリポジトリからスタート。

Adobe Fonts
Adobe Fonts has 37 repositories available. Follow their code on GitHub.

Source Han Monoは右下にあるので、クリックして移動します。

OTCかSuper OTCか

移動した先には2つの選択があります。1つは「OTC」、もう1つは「Super OTC」です。

  • OTC…フォントウェイト(フォントの太さ)によってファイルが分かれている

  • Super OTC…全てのフォントウェイトを1ファイルに格納している

ファイルサイズが気になる方や、使いたいフォントウェイトが決まっている場合はOTC、それ以外はSuperOTCをダウンロードしましょう。

OTCを選択する場合

まずはOTCをダウンロードしてみます。先ほどクリックした先はこんな画面になるはずです。

OTCというフォルダが並んでいます。これは全て同じフォントですが、太さによってフォルダ分けされています。

今回は最も汎用性が高そうなRegularをダウンロードしてみます。「Regular/OTC」をクリックしましょう。

クリックした先には.otfが並んでいます。「SourceHanMono」の後に何も表記が無いものを選びます。1番上をクリック。(ちなみにその下は斜体です)

下のような画面になるので、「Download」ボタンをクリックしてダウンロードしましょう。

OpenTypeフォントファイルがダウンロードできます。ちなみにサイズは約16.4MB。

ダウンロードした後は先ほどと同じ方法でインストールしてください。

SuperOTCを選択する場合

次にSuperOTCをダウンロードしてみます。先ほどのOTCフォルダが並んでいた画面で下にスクロールしていくと、README.mdが現れます。

「Latest Release」をクリック。

「Source Han Mono.ttc」をクリックしてダウンロードします。上の方に3.25GBと書いてますが、今回の方法ではせいぜい100MBを超える程度です。

ダウンロードしてきたファルは拡張子.ttcのファイル。

.ttcは複数のフォントを含むファイルの拡張子ですが、インストール方法は他と同じです。VSCodeにこのフォントを設定する方法は以下にまとめてありますので、インストール後の設定方法がよく分からないという方はどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました