Typoraの魅力と不満点を語る

今回はかれこれ1年以上ガッツリと使用してきた経験から、マークダウンエディタ「Typora」の魅力と不満点をできるだけ詳しくお伝えできればと思います。

  • 良いマークダウンエディタを探している
  • Typoraなんて知らない or 使ったことがない
  • あんなのただの白いメモアプリでしょ?

という方はホント一回使ってほしい。そして悔い改めてほしい!

Windows/Mac/Linux対応!

スポンサーリンク

Typoraの魅力

一画面プレビュー

まずはお馴染みのこれ。書いたと同時にその画面内でプレビュー。

「書いたものがどんな風に表示されるか確認する」…そんな言葉は使う必要がねーんだ
なぜならその言葉を頭に思い浮かべたときには!
実際に確認しちまって もうすでに終わってるからだッ!

(ジョジョの奇妙な冒険より)


ジョジョの奇妙な冒険 第5部 カラー版 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

シンプルかつ多機能

なんといってもシンプル。文章を書くことに集中しやすい環境が勝手に整います。ちなみに起動直後の画面がこんな感じ。

これ以上シンプルなのあります?

ただシンプルなだけではなく、ショートカットキー一発で様々な機能が呼び出せるところもまた素晴らしい。

テーマが豊富

Typoraはテーマを導入することで見た目を自分好みに変えられます。CSSも書けてカスタマイズ性は抜群。

https://pouhon.net/typora-css/4138/

サイドバー

サイドバーもシンプルで慎ましやかながら、機能はしっかり。

「アウトライン」タブではその記事の目次を表示でき、クリックすることでジャンプも可能です。

表の作成が楽ちん

Typoraは表やコードブロックが非常に直感的に書け、見た目も分かりやすく整えてくれます。

表を追加するショートカットキーはWindowsではCtrl+T、MacではCommand+Option+T

表のサイズを決めて「OK」を押せば作成できます。

後からサイズを変更するには、左上のアイコンをクリックします。マウスだけで簡単サイズ変更。

ちなみにキーのカスタマイズもできるので、ショートカットキーの組み合わせが気に入らない場合は自分好みに変更しましょう。

https://pouhon.net/typora-keybinding/2701/

htmlにも対応

Typoraはマークダウンエディタと言いつつ、htmlの書式にも対応しています。

フォントを赤にしてみる

ここは太字

こんな感じ。こういったhtmlもライブレンダリングしてくれます。

https://pouhon.net/typora-markdown/2999/

画像をWordpressから直接コピペ可能

Web上の画像でもURLをコピペすることで編集画面に貼り付けることができます。

ペーストしているのは画像へのリンクだけなので、無駄に画像ファイルが多くなることもありません。ペースト時の挙動も設定で変更可能。

エクスポートの形式も豊富

PDFなどに変換すれば、書いたマークダウンをそのままプレゼン資料として使うことも可能。PandocというコンバータをインストールすることでWord文書にも変換できます。

これ以外にもまだまだ魅力は沢山ありますが、終わらない気がしてきたので次にいきます。

ここはイマイチ

不満点は多くありませんが、強いて挙げるとするとこんな感じでしょうか。

AndroidやiOSに対応していない
しばらくはどうにもなりません。Android/iOSに対応した別のアプリを探しましょう。iOS対応の無料アプリでは「# Type」が今のところおすすめ。

https://pouhon.net/app-type/2757/

タグ管理はできず、大量のメモを取るなどの用途には向いていない
Typoraはファイル単位で管理します。そのため大量のメモを管理したり、タグを付けて後から検索したりといった使い方には向いていません。

あくまで腰を据えて1ファイルと向き合う「ブログ下書き」や「原稿作成」向きのソフトウェアなので、ササッとメモを取る、あるいはタグ管理をするのであればSimplenoteやEvernoteをオススメします。

Simplenoteはクロスプラットフォームであり、デバイスごとのシームレスな同期にも対応していて使い勝手は抜群。マークダウンも書けます。

https://simplenote.com/

クラウド同期機能は標準で用意されていない
上にも通じることですが、これは「マークダウンを書くこと」に特化したソフトウェアです。バックアップなどの管理は他の力を借りる必要があります。

扱うファイル形式は汎用的な「.md」ファイルなので、DropboxやGoogleドライブ、あるいはGithubなど、様々なクラウドサービスを利用できます。

起動時の挙動がアップデートによって安定したりしなかったりする
割と頻繁にアップデートされますが、起動時にファイルを開く設定にしていても、アップデート後開かなくなったりします。動作が完全に安定しているとは言い切れません。

若干動作が重く感じる瞬間がある

β版であり、将来は有料になる可能性が十分ある

こんなところでしょうか。結構あるじゃねえか。

ダウンロード先

逆にこれらのデメリットがそこまで大きな問題ではないという方は、ぜひともダウンロードして試してみてください。

https://typora.io/

スクロールするとメニューが現れます。「Download」をクリックしましょう。

最新の情報はTwitterで呟かれることも多いので、ついでにTwitterアカウントも掲載しておきます。

https://twitter.com/Typora

タイトルとURLをコピーしました